昭和基地アーカイブ

VLBI観測

VLBI観測

2月23日の昭和時間20:30(17:30UTC)から翌24日の昭和時間20:30(17:30UTC)までの24時間、昭和基地では「多目的衛星受信アンテナ(多目的アンテナ)」を使ったVLBI(Very...

空を観察して、わかること。

空を観察して、わかること。

日々、空を観察していると、さまざまな空気の動きを読み取ることができます。 先日の夜、昭和基地から美しい夕日が見えたときを例に、紹介します。 日没直後に輝く空 撮影:JARE62 新居見 励(2021年...

野菜ケアオペレーション

野菜ケアオペレーション

越冬交代から1カ月が過ぎ、徐々に昭和基地での生活にも慣れてきた2月下旬のある日、調理隊員から野菜ケアオペレーションの実施が告げられました。 10月に納品されてから、「しらせ」に乗って赤道を超え、南極ま...

地震をとらえる

地震をとらえる

昭和基地では様々な方法で地球の変動を観測しています。今回は、その中の一つ、地震観測について紹介します。 昭和基地では第3次隊の頃 (1959年2月) から地震計での自然地震観測が行われてきました。第8...

一番星

一番星

白夜が終わり、徐々に日が短くなってきた昭和基地。少し前から月も綺麗に見えるようになりました。 といっても、まだ太陽が沈んでいるのは5時間程度です。 月と蜃気楼 撮影:JARE62 天城正人(2021年...

昭和基地で見た絶景

昭和基地で見た絶景

南極といえば、白い大地、青い空、沈まない太陽、オーロラ・・・こういった、大自然の”絶景”が想像されるかもしれません。 今回は、そのいずれでもない”絶景”について共有したいと思います。 2月2日の午前1...

蜃気楼が見えました

蜃気楼が見えました

2月1日の早朝、水平線近くにある氷山が、伸びて、浮き上がって見えました。 でも数時間後には消えてしまったので、気づいた隊員は、少なかったようです。 氷山の蜃気楼1 撮影者:JARE62 阿保敏広(20...

福島ケルン慰霊祭

福島ケルン慰霊祭

2月1日月曜日、穏やかな快晴の空の下、福島ケルン前で慰霊祭を執り行いました。福島ケルンとは、1960年10月に、第4次南極地域観測隊で越冬中に遭難し、お亡くなりになられた、故福島紳隊員の死を悼むために...

昭和基地で感じる幸せ

昭和基地で感じる幸せ

私は、昭和基地で仕事ができて幸せです。 ある日の午前2時30分、私は気象観測を見学に行きました。 すると、空には定刻に気球が上がっていきました。 気球の放球 撮影:JARE62 稲村友臣(2021年1...

基本観測棟へのバトンタッチ

基本観測棟へのバトンタッチ

基本観測棟は昭和基地の中で最も新しい建物です。基地機能の長期的な整備計画に従って、老朽化が進んだ気象棟(第14次隊建設、第61次隊解体)、環境科学棟(第15次建設、第62次解体)、電離層棟(第18次建...