さよなら気象棟

  • 投稿日:
  • カテゴリ: 

誰も踏んでいないまっさらな雪を見ると、足跡をつけたくなるのが人情というものですが、雪の多い南極では足跡つけ放題です。

せっかくなので「61」の文字を描きました。

ヘルメットと、肩から下げた無線機は外出時の必需品です。
撮影:JARE61 青山雄一 2020年1月11日

昭和基地というと、このように一面雪に埋もれた景色を想像する方も多いかもしれません。

私は南極に来る前、経験者の方に

「昭和基地ってどんなところですか?」

と聞いたところ、

「工事現場」

という回答が返ってきました。

 

そして、今の昭和基地の様子がこちらです。

気象棟解体中。
撮影:JARE61 樋口実佳 2020年1月11日

工事現場です。

14次隊で建築され、南極地域観測事業の功績とも言えるオゾンホールの発見につながる研究も行われた気象棟です。約50年間隊員達を見守ってきましたが、新しくできた基本観測棟に機能を移し、現在解体工事の真っ最中です。このように夏の昭和基地は建物を建てたり解体したりといった工事が行われ、重機やトラックが行き交っています。そのため、外出時はヘルメットの着用が必須です。

ここで活躍するのが、建築・土木担当の隊員です。

建築・土木担当の、上段左から壽松木一哉 隊員、鯉田淳 隊員、梅田利郎 隊員。下段左から髙坂匡史 隊員、鈴木聡 隊員。
撮影:JARE61 樋口実佳 2020年1月11日~1月15日

61次隊の大きなミッションの一つである気象棟の解体を完了させるため、皆夜遅くまで働いています。本当は現場で集合写真を撮りたかったのですが、現在多忙によりなかなか全員が集まれなかったため、どこかで見たようなポスター風にしてみました。

解体前の気象棟の前で、60次気象隊員、61次気象隊員の記念撮影。写真内、中心奥の建物が基本観測棟。
2020年1月4日撮影

 

今まで気象隊員を支えてきた気象棟に感謝して、気象隊員が記念撮影を行いました。新しい基本観測棟ではどんな素晴らしい歴史的大発見があるのか、今から楽しみです。

 

JARE61 樋口実佳)