発電機切替え

昭和基地の電力は、2機の発電機によって賄われています。といっても、常時2機を稼働させているわけではありません。1機の稼働期間が20日前後(500時間に到達する前)になったらもう1機に切替え、その間に稼働していない発電機の点検やメンテナンスを行います。また20日前後経過したら、点検が完了した発電機に切替えます。この流れを繰返しながら、発電機の保守を行っています。

今回は53日に実施された発電機切替えの様子を動画にしてみましたので、ご覧ください。

撮影・編集:JARE62 金城順二

  

(JARE62 金城順二)