冬訓4日目②~Bグループ・フィールドワーク訓練~

  • 投稿日:
  • カテゴリ:  

冬訓4日目Aグループ・ルート工作訓練~の続きです。

 Bグループは、南極に到着後、野外での活動を中心に行うため、氷河や氷床上での行動に必要な訓練を行いました。これまでのフィールドワークで習得した雪上歩行や雪の斜面登下降に加え、滑落停止のためのアイゼンやピッケルの使用方法を学びました。

まずは、訓練に使用するアイゼンやピッケルなどの装備を持って、訓練の場所となるスキー場のコースに移動。

スキー場のコースへ向かいます
撮影:極地研 広報室(2020年3月4日)

 

コースを登る途中、前日に学んだ雪の斜面の昇り方を復習します。

雪の斜面を登っていきます。
撮影:極地研 広報室(2020年3月4日)

 

少し上ったところで、コースの端に荷物を置き、アイゼンを装着。アイゼンのサイズ調整や、ストラップの取り付け方など、装着方法を確認しながら装着します。装着後は、アイゼンでの歩き方や注意事項の説明を受け、実際に歩行の練習をしました。

コースの途中で荷物を置きアイゼンを装着します。
撮影:極地研 広報室(2020年3月4日)
アイゼンでの下山練習
撮影:極地研 広報室(2020年3月4日)
アイゼンでの登山練習
撮影:極地研 広報室(2020年3月4日)

その後もピッケルを使用した滑落停止訓練や、ロープを利用した負傷者搬送訓練の応用編など、終日フィールドワークを学びました。

 

訓練終了後、この日は冬訓最後の夜です。本来ならばこの日は夕食後に懇親会を開く予定でしたが、国内で新型コロナウイルス感染症が拡大していることもあり、中止となりました。夕食前には橋田隊長から挨拶があり、いつも通り夕食を済ませました。

橋田隊長の挨拶
撮影:極地研 広報室(2020年3月4日)
この日のホテルでの夕食
撮影:極地研 広報室(2020年3月4日)

 明日はいよいよ訓練最終日です。

 

(極地研 広報室)