【2019.2.25】58次隊設置の海底圧力計を回収!

  • 投稿日:
  • カテゴリ: 

201902271

海底圧力計の浮上位置を確認する観測隊と「しらせ」乗組員

 

25日、58次隊で設置した海底圧力計の浮上を船首右のかなたに発見。

  

水圧を測定することで水深を推定するこの海底圧力計は、潮位や海流の長期変動を調べるために設置されたものです。

2年間もの間、1時間ごとに水圧を計り続けた装置を、慎重に引き上げます。

201902272

海底圧力計引き上げ時の様子

 

無事、水深約4600mから装置を回収!

上空には、ナンキョクフルマカモメの群れと彩雲が見えました。

 

201902273

「しらせ」上空に見えた、ナンキョクフルマカモメの群れと彩雲

   

この後アムンゼン湾流氷域に進入した「しらせ」は、再び海洋観測を実施。

26日にはアムンゼン湾における野外観測を実施する予定です。

  

「しらせ」の動きについては進め!しらせをご覧ください。

本記事の写真は派遣された教員により撮影され、現地の様子は「教員南極派遣プログラムHP 南極PHOTO ALBUM(JARE60)」にもアップされています。

※一部のブラウザではアカウントでエラーがでる可能がございます。その際は一度ログアウトいただくか、別のブラウザまたはスマートフォンなどでご覧ください。

 

越冬隊の記事は昭和基地NOW!! で更新していきますので、こちらもどうぞご覧ください。