おはようございます!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。


日本の夏の風物詩といえば・・・やっぱり花火ですよね!?
8月が近づくと花火大会も各地で始まり、
いよいよ夏本番!という感じです。

南極では、気温がマイナス30℃以下になると
空中にまいたお湯が一瞬で凍りついて、
まるで花火のようにきれいに見える
「お湯花火」という現象を見ることが出来ます。
不思議なことに、水をまいても同じようにはならないそうです。


2_420k


1m


今年も昭和基地で、きれいなお湯花火が見られるでしょうか?
さっそく今日の昭和基地の気温を見てみましょう!


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時) 
天気:曇り
気温:-31℃
風向・風速:北北東5m/s
日の出:10:28
日の入:14:29

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:28℃


なんと!マイナス31℃!
絶好のお湯花火日和??