こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

57年前の今日1959年1月14日、宗谷が接岸できなかったため
連れて帰ってこられなかったカラフト犬のタロとジロが、
第3次南極観測隊により生存が確認されました。
南極から打電されたこのニュースは世界を感動で包み、
今日は「タロとジロの日」、「愛と希望と勇気の日」となりました。
Photo
その後、タロは第4次越冬隊と帰国し北海道大学で14歳まで生きましたが、
ジロは第4次越冬中に病死しました。
タロの剥製は北海道大学に、ジロは国立科学博物館に、
カラフト犬達のブロンズ像は南極・北極科学館に展示されています。

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間午前10時)
白夜53日目
天気 : 曇り
気温 : -1.5℃
風向・風速 : 東 5.9m/s

【東京都立川市】午前10時
日の出 :  6:52
日の入 : 16:51 
天気 : 晴れ
気温 : 2℃
風向・風速 : 北北西 2.2m/s

Icon_i